ファッションと占星術の素敵な関係

魅力を引き出してくれるのはどんなスタイル?自分を好きになれるファッションは?生まれ持った星のエネルギーから読み解きます

リラックスした自分、ワクワクする自分、素材としての自分。

こんばんは、景子です。

 

前回の記事で、ご自分のホロスコープの月、金星、ASC(アセンダント)の

サイン(星座)は分かりましたか?

 

まだの方はこちらからどうぞ↓

 

k-k-m.hatenablog.com

 

 

月=リラックスした自分

 

月は、言うなればパジャマの自分。

家でのんびり、安心してくつろいでいる感じ。

 

一般的な星占いでは太陽星座でその人を語りますが、

家族や親しい関係の人には、月の自分を見せているかもしれません。

 

そして月が何座にあるかで、

「こんな風にリラックスしたい!」「こうすると安心する!」

という傾向が分かります。

 

何となく、月のサインのスタイルをしていると落ち着く・・・とか、

ついつい選んでしまうとか、そんな傾向があるように思います。

 

  

金星=ワクワクする自分

 

「喜びたい!楽しみたい!」というのが金星の表わす欲求

ホロスコープ上の10個の天体は、私たちの中の10個の欲求を表わしているのです)

 
よそゆきの自分、ドレスアップした自分ですね。

 

金星はそのほかにも、

美や魅力、感受性、趣味、恋愛なども象徴します。

 

金星=ヴィーナスといえば、ローマ神話の美の女神。

金星は美と喜び。って覚えやすいんじゃないでしょうか!

 

ファッションでは、

これを着ると気分があがる!とか、

こういう雰囲気が好み♡とかは、

金星のサインが反映されやすいと思います。

 

 

ASC(アセンダント)=生まれ持った素材

 

アセンダントだけは天体ではなく、12分割されたホロスコープの起点になるポイント。

私たちが生まれた瞬間、東の地平線にあったサイン(星座)を指します。

 

持って生まれた性質、素の素の自分。

標準装備の素材、という感じです。

 

なので、よく容姿や見た目の雰囲気に表れやすいとされています。

 

そして、月のリラックスよりも、さらにさらに素の自分。

ほんと~に究極に気を許している時に出てくる自分、

自分では当たり前すぎて、まったく気づかないくらい素の自分である。

 

というのも、どなたかの本で読んだことがあります。

 

 

例えば・・・・

 

私は月が水瓶座なので、誰かといつもべったり一緒にいるよりも、

適度な距離感がある方がリラックスできます。

一人の時間がとっても大切!

 

そして、水瓶座ファッションのキーワードは

「革新」「中性的」「個性的」「アシンメトリー」「未来」など

・・・つまり簡単に言うとちょっと変わってる(笑)のですが、

やっぱり、ちょっとかわったデザインが好きですね。

 

 

f:id:k-k-m:20170621235215j:image
未来的?宇宙的?なシルバーのレインブーツ。
シルバーの靴はこれを含めて3足持っています!

 

 

でも、喜びの金星が蠍座なので、

うわ~っと気分が上がったり、私って素敵じゃない?フフフw

と内心思ったりできるのは、水瓶座ファッションではないんですよね。

 

ASCは射手座で、

キーワードは「颯爽とした」「アクティブ」「ワイルド」「アウトドア風」。

 

リアルの私を知っている方は、私が超インドア派であることをよくご存知だと思いますが、

初対面の方や、知り合って間もない方からは、

英語をペラペラ話したり、海外旅行に行きまくっている、

ような印象をよく持たれるんですよね。

 

「海外」も射手座のキーワードなので、

ASCのイメージが反映されてるんだなぁ!という実感です。

 

 

こんな感じで、月、金星、ASCから似合うファッションや

生まれ持った雰囲気がわかるんですね。

 

 

12サインについては、おいおい検証していきます!

たぶん、私が馴染みのあるサインからになると思います。笑

 

 

instagramやってます☆

www.instagram.com